HRテック企業とは

本日は最近急成長中のSaaS企業の中でも特に注目度が高い、HRテックの注目企業3社の紹介を行います。その前に「HRテック」ってそもそも何?と思われている方もいると思うので、簡単に「HRテック」の超基礎的な内容から説明します。

HRテックとは何か?

HRテックとは人事領域「human resources」と「テクノロジー」を掛け合わせた造語を指します。具体的には勤怠・育成・採用・評価等の比較的デジタル化の進行が遅れていた人事関連業務において、AI(人工知能)やビックデータ等を活用することで、人事課題を解決するソリューションとなります。

HRテックの詳細や人事領域における詳細な記載は今後別記事で記載予定ですので、説明はここまでとさせていただき、現在HRテック領域で大注目の3社のご紹介に移ります。

HRテック注目企業3社のご紹介

(1)株式会社Smart HR

企業が行う入社手続きや年末調整・雇用契約等あらゆる人事・労務手続きのペーパーレス化を行う「クラウド人事労務ソフト」の販売を行う企業です。(業界シェア1位)2019年に総額61.5億円の大規模な資金調達を実施。木梨憲武さんや伊藤敦史さんをテレビCM・広告等に起用しています。

代表者:宮田昇始

設立:2013年1月23日

資本金:4億9,000万円

事業内容:SmartHRの企画・開発・運営・販売

参照URL: https://smarthr.co.jp/company/

 

(2)株式会社カオナビ

人材管理・評価・タレントマネジメント(組織内の人材情報を人事部だけでなく、全社的に管理することで組織内の潜在能力を最大化すること)領域のクラウドソフト「カオナビ」の販売を行う企業です。(業界シェア1位)2016年度にグッドデザイン賞・2018年度にクラウドアワード2018でベストイノベーション賞を受賞経験がございます。2019年3月東証マザーズ上場。

 

代表者:柳橋仁機

設立:2018年5月27日

資本金:10億1,827万円

事業内容:クラウド人材管理システムの製造・販売・サポート

参照URL:  https://www.kaonavi.jp/company/

 

(3)Chat work株式会社

日本国内NO.1の利用者数を誇るチャットサービスの提供を行う企業です。利用企業30.4万社超えのシェアNO.1を誇る企業です。主に「グループチャット」「タスク管理」「ファイル共有」「ビデオ、音声通話」の4つの機能を提供しています。2019年7月東証マザーズ上場。

 

代表者:山本正喜

設立:2004年11月11日

資本金:10億1,827万円

事業内容:Chatworkの開発運営・ソフトウェア販売(ESETセキュリティソフト)

参照URL:  https://corp.chatwork.com/ja/about/

今回は簡単な企業紹介を行いましたが、今後様々な角度から分析を行っていくので次回もお楽しみにしてください!

以下、関連記事になります。併せて御覧ください。

 

SaaSって何がすごいの?SaaS専門転職エージェントが解説!

カスタマーサクセスへの転職について、元カスタマーサクセスだった僕が徹底的に語ります。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
TOP